包茎手術の流れと種類

メインイメージ

包茎を治療するまでの流れ


包茎を治療したいと考えていますか?それなら知識を深め情報を集めるといった地盤を固めなくてはなりません。
全く知識の無い状態で包茎手術を受けるのは非常に危険な行為なのですが、本日このページを熟読してもらえれば、決断の手助けになったり、あるいは軽はずみな行動を引き止められるきっかけになると思います。
また、ここで汲み取った知識を病院で活かせれば、純度も高く円滑に進められるだけでなく、悪質で詐欺まがいな病院のカモにされることもなくなります。
気になったページから読んでも良いですし、順番に読んで行ってもわかりやすいように完結させた文章にしているので理解しやすいと思います。
とはいえ、時間が惜しいという方もいるかもしれません
そうです、包茎に悩むあなたに用意いたしました。「5分でわかる包茎の基礎知識」以下に簡単にまとめていきます。

◆包茎の種類や症状とその対策

包茎の種類は3つある

  1. 仮性包茎:通常時は皮が被っているが、勃起時にはむき出しにすることが出来る
  2. 真性包茎:皮を剥こうとすると痛みが生じ、剥けない
  3. カントン包茎:包皮口による締め付けで血流が滞っている状態

2と3は医学的に病気と認定されているので、保険を適用して手術を受けることが出来ます。2は清潔にしておかないと恥垢が溜まって様々な病気を引き起こします。保険適用により格安の手術が可能です。
3は特に危険な状態なので、病院による迅速な処置が必要です。
1は病気ではないのですが、日本特有のイメージとして「包茎は恥」というものが根強く残っています。現代人のコンプレックスの種にもなっているので、必要であれば手術や治療を行っていきましょう。

◆治療の流れ

包茎を治療するまでの流れは以下の通りになります。

  1. 情報収集。このサイトをご利用ください。
  2. 病院探し。悪質な病院に注意しましょう。
  3. 相談。めぼしい病院でカウンセリングを受けましょう。
  4. 手術の決断。自分にとって必要か、有意義なものかを考えて決断しましょう。
  5. 治療法の説明を聞く。医師の言葉にはきちんと耳を傾けましょう。
  6. 手術。希望に沿った手術をしてくれます。
  7. アフターケア。様子見の期間で、これも医師から制限を聞くので破らないようにしましょう。

いかがでしょうか。包茎とその治療法について想像できたでしょうか。
細かい情報は各ページに記載しているので、興味があったり、本気で悩んでいるのであれば目を通しておきましょう。

個人の被りかたに沿った治療法


あなたの包茎はどのような被りかたですか?
包茎によっても段階や種類があり、それによって治療法や対処法が変わってきます。
このページでは、個人の被りかたに沿った治療法を紹介しています。

◆勃起時には完全に亀頭が露出するが、通常時はカリの部分が隠れている

ほとんど完全に剥けているということになります。皮をむくことに苦労はしないと思います。銭湯などほかの人の目が気になる場では、すこし剥いてやれば良いでしょう。恥垢も溜まりにくいので、毎日清潔にしておけば問題はありません。
女性との付き合いにも、包茎ということを隠して生活することが出来るでしょう。
これは仮性包茎の部類でも比較的軽い部類に入ります。

◆勃起時に手をつかって完全に露出させることができるけど、通常時では亀頭の半分以上が被っている

日本人男性にもっとも多いタイプになります。この状況のことを仮性包茎と言います。
医学的には病気と認識されていません。また、自分で剥くこともできるので入浴時に恥垢を落とすことが出来るので、性行為の際も差し支えなく行うことが出来ます。
しかし、やはり周囲の目は気になってしまいますよね。気になりすぎたがために自信を喪失してしまったり、コンプレックスの原因になってしまうのはもったいないことなので、思い切って手術をしてみるのも手です。

◆勃起時にある程度までは剥くことが出来るが、完全には剥けない。

これは包皮口の幅が狭いと言えます。何とか剥くことはできるけど、圧迫感があるというのであれば、それは包皮輪狭さく症と言います。特別に手術や治療が必要というわけではないのですが、気になるのであれば手術することも可能です。
注意したいのがカントン包茎というもので、包皮口が狭いために包皮を無理やり剥いた時に溝にはまって元に戻らなくなった状態のことを言います。これは早急に病院に行って治療してもらわなければなりません。

◆亀頭の先端は見えるが、それ以上剥けない

真性包茎の部類に入ります。医学的に病気と認定されているので、保険を適用して治療することが出来ます。
地道な作業になりますが、少しずつ包皮口を広げるトレーニングをすることで、自力で仮性包茎の状態まで持っていくことができます。

◆包皮が亀頭を完全に覆っていて、剥くことが出来ない

これは真性包茎ということになります。自分の力だけで治療するのは難しいとされているので、ぜひ病院に行って治療を受けるようにリマ症。
真性包茎はほかの包茎より恥垢が溜まりやすいので、その問題を解決するためにも治療は必要になります。

http://www.otoko783.com/mensplan/phimosis
包茎手術|東京銀座長澤クリニック

http://ueno.co.jp/ad/100419/h01.html
悩みと不安の相談 | 上野クリニックで包茎の悩みを解決!

http://xn--uir686a4wyhoe.net/
包茎手術の病院ランキング※失敗や体験談からベストを探す!

http://www.continental-producciones.com/
包茎手術【包茎治療の優良クリニックの比較ランキング】

Copyright© 2013 包茎手術の流れと種類 All Rights Reserved.